top of page
植物と本
  • 執筆者の写真HIMEMIYA AKI

ロゴをしっかり活かした使い方〜デザイン編〜

更新日:2023年11月16日

ロゴを使う時に、ロゴをうまくいかすには、実はコツがあって、、、、


本当に★コツ★次第で、、、ださくもなるし、おしゃれにもなるし、、、。 実はロゴには、相性のいい色や書体があったりします。 もちろん、そのロゴにより、千差万別。。。 ----------------


これを知っておくだけで、企業のイメージは全然変わる。 =目に見ない信頼性や安心性が変わる。(実は、消費者とか口に出さないけど、結構感じてる。。。)

---------------


今回はアイソレーションについて、おつたえします。

アイソレーションとは、ロゴマークの上下左右に設ける 余白 のことを言います。 この余白が十分に設けられているか、そうではないかによってロゴの見栄えが大きく変わってきます。


---------------


ロゴの周りに余白をとる事で、ロゴが品よくみえます。覚えておくといいですよ!(*・ω・)ノ


○♢♢―――○♢♢―――○♢♢―――○♢♢―――

記事:ひめさん

株式会社オモトド (想いを届けるオモトド )

【X】@omotodo2

【 instagram】@omotodo2018

○♢♢―――○♢♢―――○♢♢―――○♢♢―――


最新記事

すべて表示

飲食店舗開業 〜小麦高騰でもパン屋成功編3〜

「成功したんだろうな!」とか、これはここが「きっかけ」でだんだん傾いていったんだろうなー と思うことがあります。 その事例を紹介していきたいと思います。少しでも、経営者さんの経営のきっかけになれば、、、、 ------------------ 近所にできたパン屋さん。いつも行列です。パンが並ぶ度に売れていきます。 ------------------ <成功の秘訣3!> 店内は「作るところ」がみ

飲食店舗開業 〜小麦高騰でもパン屋成功編2〜

前回の続き。 小麦離れ、、、小麦原価高騰!の2023年なのに、成功したパン屋さん。 「成功したんだろうな!」とか、これはここが「きっかけ」でだんだん傾いていったんだろうなー と思うことがあります。 その事例を紹介していきたいと思います。少しでも、経営者さんの経営のきっかけになれば、、、、 ------------------ 近所にできたパン屋さん。いつも行列です。パンが並ぶ度に売れていきます。

Comments


bottom of page